« 休みなし | Main | X線の波動性と粒子性 »

November 17, 2008

X線

11月17日

授業の記録

2年B組・・・単振動の問題演習。

3年A組・・・光量子仮説。X線。

3年生はX線に入りました。今日は発見の歴史と実際に撮られた
写真を見せたり、僕が自分で撮った写真を見せたりしながらの
授業。明日は波動性・粒子性のお話の予定。

さて、テニスの全日本選手権が終了し、男子は添田選手、女子は
クルム伊達選手が優勝を飾りました。男子は今年のインターハイ
チャンピオンである守屋選手が準決勝まで残り、谷沢選手以来の
高校生チャンピオンの可能性もあるかと思いましたが、残念ながら
敗退。ある意味、実力どおりの結果となりました。添田選手も錦織
選手に次ぐATPランキングの持ち主ですから、来年はグランドスラム
の本戦に出場できるよう、がんばってください。
それに比べて女子は伊達さんが優勝。これはある意味、女子選手
への警告となるでしょう。いくら経験で勝るとはいえ、37歳の選手に
若いプロがコロコロ負けるというのでは、そのレベルの低さが伺えて
しまいます。杉山さん以外の選手がなかなか抜けてこないところも
問題だし、よく見るとトップの選手たちが出てきていませんね。
優勝したら卒業という感じかもしれませんが、海外で試合に出て
いるのかな?それなら仕方ありませんけど。

今回負けたプロは、伊達さんよりもトレーニングをしているか、一度
見つめなおすべきではないでしょうか?


|

« 休みなし | Main | X線の波動性と粒子性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32647/43146482

Listed below are links to weblogs that reference X線:

« 休みなし | Main | X線の波動性と粒子性 »