« センター試験自己採点 | Main | 面談が続く »

January 22, 2010

重ね合わせの原理

1月22日

授業の記録

2年A組・・・波の独立性、重ね合わせの原理。(演示)ばねによる
   波の独立性、ウェーブマシンによる定常波。定常波。腹の位置。

2年B組・・・試験返却。

3年生は電磁誘導の問題演習。

2年生の実力テストも終わり、平均はまぁまぁ狙い通り。でも、以前
の試験に比べるとやさしくなっているのに平均が変わらないのは
教え方が合わなくなってきているのだろうか。

重ね合わせの原理については、スリンキーもどきのばねで波の独立性
を演示し、生徒を使って定常波を作りました。重ねあわされていることを
強調するために工夫してみました。その後、ウェーブマシンで腹や節が
存在することを確かめ、波の式を使って腹の位置がどういった間隔で
並んでいるかを示しました。

午後はひたすら面談。志望校へチャレンジする権利を得て意気揚々と
帰っていく生徒がいるかと思えば、足取り重く面談にやってくる生徒もいます。
じっくり話して、一度家に持ち帰らせたりしました。次は月曜日です。

全豪オープンも始まり、Solderingが1回戦で負けるという波乱はありましたが
FedererやNadalはしっかりと勝ち進んでいます。誰が勝つのか楽しみです。

|

« センター試験自己採点 | Main | 面談が続く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32647/47364411

Listed below are links to weblogs that reference 重ね合わせの原理:

« センター試験自己採点 | Main | 面談が続く »