Posts categorized "tennis"

January 12, 2007

全豪オープン07 レビュー

さて、来週からグランドスラムの最初である全豪オープンが始まる。
公式サイトはこちら。今年は日本語のサイトもオープンしている。
でもドローなんかは英語です。

さて、今年は男子で久しぶりに本戦に選手が出場します。
添田豪選手がWCで出場。初戦はマリオアンチッチ選手(第9シード)
です。健闘に期待しましょう。
他の男子も本村、岩渕選手が予選に出ましたが、2回戦でフルセット
の末敗れたようです。この2人もすでに30歳を超えています。
今年は2人以外の若手の台頭に期待したいところです。
#2人にもまだ頑張ってもらいたいですけどね。

男子の本命はやはりフェデラーでしょう。誰が止めるか、というのが
今年の男子ATPレースの注目すべきところでしょうからね。
その対抗馬としてナダルがいるわけですが、前哨戦で足を痛めて
途中棄権しているのが気になります。
第3シードがダビデンコ、第4シードがリュビチッチとなっています。
男子はベスト4にこの4人が残れるのか、楽しみです。特に第5シード
のブレーク、第6シードのロディックのアメリカ勢に期待です。

女子のほうは杉山、中村、森上の3選手が本戦に出場。森田あゆみ
選手は予選で敗退したようです。森田選手も今は我慢の時期なので
しょうか。才能は杉山さん以上と聞きます。ぜひその才能を開花させて
もらいたいですね。

第1シードはシャラポワ、第2シードがモーレスモ、第3シードがクズネツォワ、
第4シードがクリスターズとなっています。女子は誰が勝つか良くわかりません。
エナン・アーデンが出場せず、ダベンポートが引退、ヒンギスもなかなか調子が
上がってこない。意外とサフィーナあたりが穴になるかな。

来週からはインターネットで情報をチェックすることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2006

フェデラーがやってきた

今年のAIGオープン、前売りが完売してしまい学生チケットがついに自由席となってしまいました。その理由は簡単です。世界No.1のフェデラーがやってくるからです。徐々に人気が定着してきたAIGですが、トップシードの選手が来ないという変なジンクスが続きました。今年も来るのか?と成田空港にフェデラーが降り立つまで疑問視していました。テニス協会もBlogでフェデラーが来たことを写真付で伝えてましたから、同じような問い合わせがあったのでしょうね。

で、土曜日に見てきました。相手はUSオープンでアガシに引導を渡したベッカー。良い試合になることを期待していました。しかし・・・強すぎです

サーブ、ストローク、ボレー、リターンのすべてが別次元といった感じです。ベッカーの強力なサーブをいとも簡単にリターンしてしまうし、フォアにくれば相手を振り回してきっちりとポイントを取る。そのときも無理をしている感じが全くしません。なぜならボールが落ちる深さはサービスライン付近。普通はあの深さでは相手に打ち込まれてしまうため、深く打てといわれるのです。でもフェデラーはあれで十分です。よほど威力があると同時に、相手にコースを読ませない上手さがあるのでしょう。

淡々と試合は進み、あっという間にセカンドセットは5-3。フェデラーのサービスゲームでギヤが一つあがりました。ストロークの深さが変わりました。浅いストロークで十分なのにそれが深くなるのです。ベッカーはひとたまりもありませんでした。なんか楽勝といった感じで試合が終わりました。

僕もいろんな選手を見てきましたが、本当に別次元だったと思います。しかもまだトップギヤには入ってないです。いやぁ、すごかった。

でも、よく見ていると基本には忠実です。ラケットを早く引いて準備する、打った後は中央付近に戻る。これがものすごく高いレベルで出来ているんですよね。

この試合を見ると、やはりグランドスラムの決勝でトップギヤに入ったフェデラーが見てみたくなりますね。

当たり前のように次の日は優勝。優勝スピーチでは来年も来てくれるような話をしていたので、来年はチケットを早くとって行かなければ。

久しぶりにいいものを見た、といった感じでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2006

ウィンブルドン終了

メンテナンスなんかもあったので、ウィンブルドンが終わって一週間も
たってしまいました。

前回書いたそばから杉山さんがまけるという展開になりましたが、
終わってみれば女子はモーレスモ、男子はフェデラーとなりました。

女子はちょっとだけ、男子は2ndまで見ました。
女子はあのままエナンがいっちゃうかなぁと寝たのですが、結果は
反対でしたね。
男子は2ndでフェデラーが最初にブレークされたので、セットオール
になることを予想していたら、まさかのダブルフォルト2つでフェデラー
が取ってしまったのを見て、これは決まりと寝てしまいました。

これで全米が楽しみになりました。クレーでは負け、芝では勝った
フェデラーがハードコートではどうなるのでしょう?
それ以上に、AIGにちゃんとくるのかというほうが気になっている
のですけどね(笑)

期待の鈴木貴男選手はまだ復活できそうにないですし、それ以外の
選手はまだ下部大会でがんばっている状況だし。
AIGでワイルドカードもらってもあまり期待出来る状態の選手がいない
のはつまんないっす。誰かがんばってほしいですね。次のUSは予選
に出られるよう、あと一ヶ月がんばれ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2006

ウィンブルドンその1

ウィンブルドンについてコメントをしないまま第1週が過ぎました。
今年は結構シードダウンが相次いでいますね。その中でもロディック、ナルバンディアンが負けちゃったのは残念です。アガシもナダルに負けたのは残念ですが仕方ないでしょう。

男子はフェデラーの優位といわれていますが、ナダルは後半の荒れたセンターコートでどれくらい苦労するのか。このあたりが優勝を分けることになるでしょう。ヒューイットも虎視眈々と狙っているでしょうし。

女子についてはエナン、クリスターズ(クライシュテルシュのほうが良いか?)、モーレスモ、そしてシャラポワの争いに、今回シングルスが好調の杉山さんがどこまでいけるか楽しみです。(こう書いた直後に負けちゃうのは勘弁してくださいね>杉山さん)

地上波デジタルで見るとウィンブルドンはすごくきれいです。プラズマにして良かったと感じる瞬間ですね。去年もそう思いましたけど、去年は衛星のハイビジョンでした。アパート暮らしでなければWOWWOWやGAORAと契約するんだけどなぁ。

誰が勝つのか、ということよりも見ていて楽しい試合をしてほしいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2006

フェデラーがやってくる!!!

先ほど到着したJTAのメールマガジンに次のような記事がありました。

また、先の全豪オープン男子シングルス優勝のロジャー・フェデラー選手にも、
出場打診をしておりましたが、弊協会会長の盛田正明がメルボルンの全豪会場に
出向き直接出場依頼をし、同選手から快諾を得たことを報告させていただきます。

(メールマガジンより抜粋)

おぉぉぉ、すごいぞ。フェデラーが有明にやってくるというわけですよ。盛田会長すごいっす。感動っす(^_^)

これは今度のAIGが楽しみです。フェデラーが出るのであれば、他の選手も少し変わるんじゃないでしょうか。ここ数年、トップ選手が出なくなってきたAIGも再び良いメンバーが揃うかもしれません。

しかし・・・忘れてはいけません。毎年のように繰り返される、トップ選手の怪我による欠場。シーズンの終盤と言うこともあり、仕方ない側面もありますが、なんか「大丈夫かな?」と疑心暗鬼になってしまいます。

でも・・・ぜひ来てほしいですね。

楽しみにしておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)